越冬期のブリ当歳魚におけるエクストルーダー飼料と生餌主体餌料の成長および飼料効率

越冬期のブリ当歳魚におけるエクストルーダー飼料と生餌主体餌料の成長および飼料効率

レコードナンバー680354論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014219NACSIS書誌IDAA11164264
著者名佐藤 公一
書誌名大分県海洋水産研究センター調査研究報告 = Bulletin of Oita Institute of Marine and Fisheries Science
別誌名大分県海洋水産研究センター調査研究報告書
大分県海水研調査研報
発行元大分県海洋水産研究センター
巻号,ページ4号, p.21-24(2003-06)ISSN13430602
全文表示PDFファイル (485KB) 
抄録1)ブリ当歳魚の越冬期の飼育試験を行い、エクストルーダー飼料(EP)と生餌主体餌料(8:2MPおよび生餌)の飼育成績を比較した。その結果、EPの成長は生餌および8:2MPに比較して明らかに劣り、飼料効率も生餌に比較して低値を示した。2)その要因として、EPの飼料効率の低下にはタンパク質消化性の低下が、そして成長低下にはタンパク質消化性の低下に加えて摂餌性の低下が影響しているものと推察された。3)今後、低水温期のブリ用配合飼料の改善のため、タンパク質消化性や摂餌性の向上について検討していくことが必要と思われた。
索引語飼料;性;ブリ;効率;タンパク質;消化;越冬;主体;餌料;飼育
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat