回転ドラム発酵システムによるドライメタン発酵(3)

回転ドラム発酵システムによるドライメタン発酵(3)

レコードナンバー680856論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
論文副題プロセス構成が酸生成過程に与える影響
著者名北村 豊
石束 宣明
蒋 偉忠
ほか1名
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ98号, p.3-12(2003-09)ISSN03888517
全文表示
抄録有機酸(VA)生成や有機物(VS)の分解および粒径分布といったパラメータを用いて、滞留時間(HR)20日の中温発酵を行う回転ドラム型発酵システムの酸生成特性に与えるプロセス構成の影響を評価した。実験では生の大豆粕すなわちおからを基質として用いながら、カスケードプロセスと固形物返送プロセスについて、その酸生成特性を検証した。カスケードプロセスについて得られた見かけの加水分解定数は、pH4.5?4.6の定常状態で9.0×10(-3)/dであり、前報の結果(7.2×10(-3)/d)よりも大きかったのに対して、固形物返送プロセスについて得られた加水分解定数はpH4.4で5.0×10(-3)/dであり、これは前報の値よりも小さかった。両プロセスのみかけのYS除去率と総VA(酢酸基準)はそれぞれ9.6?16.5%、10.8?16.7g/Lの範囲にあった。総VAに占める電離VAの比率は、固体返送プロセスで27.5~30.8%への増加があったのに対して、カスケードプロセスでは35.5%への増加があり、また酢酸の総VAに占める割合はカスケードプロセスで86.0?94.3%、固形物返送プロセスで86.0?93.3%であった。ここで得られたVSの粒径分布特性は、粉砕用ボールのリアクタヘの投入が粗大固形物の機械的な粉砕に効果的であると認められたものの、可溶性固形物の顕著な生成を促進するには至らなかったことを示唆した。
索引語生成;発酵;酸;特性;システム;粒;分布;加水分解;pH;酢酸
引用文献数28
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat