青森県三沢市仏沼干拓地における環境教育牧場の創出

青森県三沢市仏沼干拓地における環境教育牧場の創出

レコードナンバー681002論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014130NACSIS書誌IDAN0020119X
著者名杉浦 俊弘
小林 裕志
堤 聰
ほか1名
書誌名農業土木学会誌 = Journal of the Agricultural Engineering Society, Japan
別誌名Journal of the Japanese Society of Irrigation Drainage and Reclamation Engineering
農業土木学会誌
水土の知 : 農業土木学会誌
発行元農業土木学会
巻号,ページ71巻・ 9号, p.825-828(2003-09)ISSN03695123
全文表示
抄録仏沼干拓地は、耕作放棄のまま強制排水と火入れが30年以上続けられた結果、ヨシなどの湿生植物群落が成立し、絶滅危惧種を含む多様な野生生物の生息地となった。ここを牧場にしたい農民と土地買収で開発を阻止したい地元自然保護団体が地域住民同士で対立した。青森県から委託された地元の大学が、対立する両者を各種委員会に参加させて科学的なデータに基づいた議論をさせたところ、放牧地とビオトープが隣接する環境教育牧場構想がまとまった。構想を実現する過程でたびたび対立が生じたが、そのたびに大学と行政が連携をとることで解決し、約10年間かけて構想の一部を再編整備事業として実現させた。
索引語牧場;青森県;環境;教育;大学;排水;群落;種;生物;生息地
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat