2本の短絡血管を認めた犬の肝外門脈体循環短絡症の1治験例

2本の短絡血管を認めた犬の肝外門脈体循環短絡症の1治験例

レコードナンバー681040論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名柴崎 哲
山下 美佳
進 学之
ほか5名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ56巻・ 8号, p.531-534(2003-08)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (584KB) 
抄録4ヵ月齢、体重1.40kgのヨークシャーテリアが、発育不良、食後のふらつきや流涎を主訴として来院した。血液生化学検査で食後に高胆汁酸、高アンモニア血症が認められたため肝外門脈体循環短絡症と仮診断した。腸間膜静脈経由門脈造影を実施したところ、いずれも後大静脈に短絡する2本の短絡血管が認められた。門脈圧は、短絡血管の結紮前が3mmHg、両短絡血管仮結紮後9mmHgと軽微な上昇が認められたのみで、門脈血管枝の拡張も十分に確認されたことから完全結染を実施した。症例は、術後何ら合併症を呈さず回復し、150日経過した現在、無投薬、通常食にて良好に経過している。本症例は、2本の短絡血管が認められた珍しい先天性の肝外門脈体循環短絡症であると考えられた。
索引語血管;肝;循環;齢;体重;発育;血液;生化学;検査;胆汁
引用文献数17
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat