里山広葉樹林の生物多様性調査(1)

里山広葉樹林の生物多様性調査(1)

レコードナンバー681083論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011393NACSIS書誌IDAA11858241
論文副題トラップを使用した昆虫の調査手法について
著者名今 純一
矢本 智之
山田 耕司
書誌名林業試験場報告
別誌名Bulletin of the Forestri Experiment Station
青林研試報告
青森県農林総合研究センター林業試験場報告
発行元青森県農林総合研究センター林業試験場
巻号,ページ14年度・ p.5-14(2003-06)ISSN1349242X
全文表示PDFファイル (1262KB) 
抄録里山広葉樹林の昆虫多様性調査に適したトラップを選択するため、白色、黄色、黒色の衝突板式トラップとマレーズトラップを使用して調査を行い、捕獲された昆虫の科や種及び個体数を比較した結果、衝突板式トラップは、トラップの色により捕獲された昆虫の科や種に特徴が見られた。また、衝突板式トラップとマレーズトラップの比較では、マレーズトラップの方が捕獲された昆虫の科や種数が多く、昆虫全般の調査に適当と思われた。しかし、特定の指標種や昆虫の目・科を定めて調査する場合には、捕獲される昆虫に特徴が見られる等、衝突板式トラップにも利点がある。また、マレーズトラップで捕獲されない種類もあることから、各種の衝突板式トラップとマレーズトラップの併用による調査が適当と考えられる。
索引語調査;板;種;広葉樹;生物;個体;色;指標;目;トラップ
引用文献数5
登録日2011年03月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat