ダムによる流量調節が河畔林に及ぼす影響について

ダムによる流量調節が河畔林に及ぼす影響について

レコードナンバー681110論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
論文副題北海道札内川の事例
著者名高木 麻衣
中村 太士
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ85巻・ 3号, p.214-221(2003-08)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (988KB) 
抄録1996年湛水が開始された北海道十勝川水系札内川札内川ダム下流において、ダム運用前の冠水頻度を用いて河床を4区分した。各区分において5調査区を設定し、粒径組成などの立地環境、樹木の種組成および更新木の種組成を調査した。その結果、冠水頻度区分ごとに種組成、立地環境は異なっており、冠水頻度の差によって生じる立地環境の違いが種組成に反映されていると考えられた。冠水頻度が高く、ケショウヤナギをはじめとするヤナギ科植物で樹冠が構成されている立地区分では、林床の更新木はヤチダモなどの遷移後期種であった。冠水頻度はダム運用による流量調節によって低下し、ヤナギ科植物の更新サイトが減少する一方、ヤチダモ等の遷移後期種に適した立地環境となることが予測された。よって、今後は、ヤナギ科植物が更新できず衰退し、現在林床にある遷移後期種へと遷移していくと考えられた。
索引語種;冠水;組成;立地;ダム;環境;更新;遷移;ヤナギ科;植物
引用文献数30
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat