強い間伐はスギ人工林の雄花生産を増加させる

強い間伐はスギ人工林の雄花生産を増加させる

レコードナンバー681113論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
著者名清野 嘉之
奥田 史郎
竹内 郁雄
ほか3名
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ85巻・ 3号, p.237-240(2003-08)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (524KB) 
抄録茨城県と京都府、熊本県の若いスギ林に強度を変えた間伐試験区を設け、間伐後最初の夏に分化した雄花の落下量をトラップ法で測定した。熊本では雄花が殆ど生産されなかったが、茨城と京都では土地面積当りの雄花生産量が無処理や通常間伐区で少なく、強度や超強度間伐区で多かった。強度や超強度間伐区では雄花着生個体数の比が高く、雄花着生個体当り雄花生産量が多かった。また、林分雄花生産量はRyがある値(茨城では0.6未満、京都では0.4未満)のときに最大値をもつと推定される。これらのことから閉鎖林に行われる通常強度の間伐には、間伐で雄花が直接除去されることを除いては、雄花生産抑制の効果は認められないと考えられる。
索引語雄花;間伐;強度;生産;スギ;着生;個体;人工林;茨城県;京都府
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat