フグ卵巣ぬか漬けの微生物によるフグ毒分解の検討

フグ卵巣ぬか漬けの微生物によるフグ毒分解の検討

レコードナンバー681168論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名小林 武志
木村 凡
藤井 建夫
書誌名日本水産學會誌
別誌名日本水産学会誌
NSUGAF
Nippon suisan gakkaishi
発行元日本水産學會
巻号,ページ69巻・ 5号, p.782-786(2003-09)ISSN00215392
全文表示
抄録石川県特産のフグ卵巣ぬか漬けでは、有毒卵巣がぬか漬け後に食用となるので、その減毒への微生物関与の可能性を検討した。ぬか漬け製造中の桶の液汁を採取し、これにフグ毒を添加して貯蔵を行い、その毒性を測定すると共に、ぬか漬けの微生物185株をフグ毒培地に各々接種し、培養後の培地の毒性を測定した。また、フグ毒培地にぬか漬けを直接接種、培養して、毒性変化を調べ、毒分解活性を有する微生物を増菌して分離しようと試みた。しかし、一連の実験では、微生物関与と考えられる明確な毒性低下を確認できなかった。
索引語微生物;フグ毒;毒性;卵巣;培地;分解;毒;石川県;貯蔵;活性
引用文献数15
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat