ベトナムにおけるサポジラ3品種の果実形質および果実内糖組成の特性

ベトナムにおけるサポジラ3品種の果実形質および果実内糖組成の特性

レコードナンバー681663論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014546NACSIS書誌IDAN00199779
著者名小川 一紀
荻原 勲
Nguyen T.X.T.
書誌名熱帯農業
発行元熱帯農業研究会
巻号,ページ47巻・ 3号, p.169-174(2003-09)ISSN00215260
全文表示
抄録ベトナムで栽培されているサポジラ3品種の果実特性、成熟過程および収穫後における果実内の全糖含量と組成別含量の変化を調査した。果実重、果肉重、および果実重に対する果肉重の割含は‘a’が最も大きく、次いで‘Xiem’、‘Day’であった。‘Xiem’と‘Day’は卵形、‘a’は球形であった。食味は‘Xiem’が最もよく、次いで‘Day’、‘a’の順であった。果実内のタンニン除去のため5%ポリエチレングリコール(PEG)を添加した果汁中の可溶性固形物含量(SS)は果実の成熟に伴って増加した。内果皮色がYellowおよびDark ye11owであった果実の全糖含量およびSSは‘Xiem’で最も大きく、次いで‘Day’、‘a’の順であった。成熟過程における3品種間のフルクトースおよびグルコース含量には相違がなかったが、スクロース含量は著しく変化し、‘a’に比べて‘Xiem’や‘Day’で多く蓄積した。よって、全糖含量の品種間差異はスクロースの蓄積量と関係していた。次ぎに、内果皮色がligh yellowとYellowの‘Xiem’果実を用いて、貯蔵後の果実内糖含量を調査したところ、全糖および組成糖含量の変化は収穫した果実の熟度によって異なったが、果皮色がligh yellowになった果実から収穫が可能であった。
索引語果実;糖;品種;組成;成熟;色;収穫;ベトナム;特性;蓄積
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat