兵庫県きすみの地区のビオトープ型水路作りにおける協働

兵庫県きすみの地区のビオトープ型水路作りにおける協働

レコードナンバー681884論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014130NACSIS書誌IDAN0020119X
著者名市川 憲平
書誌名農業土木学会誌 = Journal of the Agricultural Engineering Society, Japan
別誌名Journal of the Japanese Society of Irrigation Drainage and Reclamation Engineering
農業土木学会誌
水土の知 : 農業土木学会誌
発行元農業土木学会
巻号,ページ71巻・ 11号, p.993-996(2003-11)ISSN03695123
全文表示
抄録食料・農業・農村基本法が制定される直前の1977年に、兵庫県小野市きすみの地区の圃場整備実施区域内で、ビオトープ型水路作りなどの生態系に配慮した工事が行われた。生態系配慮型の工事を真に実りのあるものにするには、施工方法というハード面とともに、維持管理のためのシステムをどのように築き上げていくかというソフト面が重要である。本報は、きすみの地区での工事が生態系配慮型に変更されたいきさつや、過程、モニタリング、維持管理などについて、その工事を側面から支援した者の立場で書き上げたものである。
索引語工事;生態系;兵庫県;水路;管理;食料;農業;農村;圃場整備;システム
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat