ブロイラー鶏の腹水症野外例とトリ白血病ウイルスによる実験的腹水症例の比較病理学

ブロイラー鶏の腹水症野外例とトリ白血病ウイルスによる実験的腹水症例の比較病理学

レコードナンバー681921論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011607NACSIS書誌IDAN0007252X
著者名中村 菊保
山田 学
日原 宏
書誌名鶏病研究会報
別誌名Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases
鶏病研究会報
巻号,ページ39巻・ 2号, p.79-82(2003-08)ISSN0285709X
全文表示PDFファイル (647KB) 
抄録野外で腹水症に罹患したブロイラー鶏(4-8週齢)およびA亜群トリ白血病ウイルス(ALV)を腹腔内接種後腹水症に罹患したSPF鶏(4-10週齢)の病変を比較した。臨床的には、野外例と実験例とも、沈鬱、鶏冠のうっ血、腹部の膨満が特徴的であった。剖検では、野外例、実験例いずれも、腹水の貯留、心臓の腫大、心膜水の増量、肝臓の硬化、肝被膜の肥厚、肺のうっ血などがみられた。組織学的には、野外例、実験例の肝臓とも、うっ血、肝被膜の線維性肥厚、肝細胞の変性・壊死、萎縮、小葉間結合組織の増生がみられた。肺では、小葉間結合組織の水腫性肥厚、類骨・骨形成、小葉実質の萎縮がみられた。なお、野外例では、心臓の心筋線維の変性・壊死、線維化がみられたが、実験例ではこのような変化はみられなかった。以上より、野外例とALVによる実験例の病理変化は、著しく類似し、腹水症の発現のメカニズムとして、とくに肝臓における変化が重要な要因と推測された。
索引語ブロイラー;白血病;ウイルス;齢;肝;肺;変性;壊死;萎縮;結合組織
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat