鹿児島県内における牛ネオスポラ症の疫学的調査

鹿児島県内における牛ネオスポラ症の疫学的調査

レコードナンバー681945論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名山村 拓
上村 俊一
浜名 克己
ほか2名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ56巻・ 10号, p.645-648(2003-10)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (656KB) 
抄録鹿児島県内で牛ネオスポラ症の可能性が疑われる黒毛和種41例、ホルスタイン種39例の抗体検査を実施した。その結果、黒毛和種は全例とも抗体陰性であったが、ホルスタイン種では28.2%が陽性であった。陽性牛が見い出された2農家(A、B)においてそれぞれ225例、58例を対象に追跡調査を行ったところ、それぞれ23.6%、29.3%の牛が陽性であった。農家Aにおける母娘間の調査では、62.5%が垂直感染の可能性を示し、水平感染も否定されなかった。また調査期間中の死流産22例中54.5%の母牛がネオスポラ抗体陽性であった。農家A、Bを含む3戸の犬9例のネオスポラ抗体を調査したが、すべて陰性であった。さらに、農家Aの流産胎子2例を組織学的に検査したが、ネオスポラ感染を示す病変は得られなかった。
索引語調査;種;抗体;農家;感染;鹿児島県;検査;流産;疫学;垂直
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat