有機物施用による土壌中窒素の動態と作物生育

有機物施用による土壌中窒素の動態と作物生育

レコードナンバー682253論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012844NACSIS書誌IDAN10510532
著者名神保 吉春
宮原 克祐
塚本 雅俊
書誌名群馬県農業試験場研究報告
別誌名群馬農試研報
Bull. Gunma Agr. Exp. Stn.
発行元群馬県農業試験場
巻号,ページ8号, p.49-56(2003-03)ISSN13412019
全文表示PDFファイル (850KB) 
抄録豚ぷん堆肥、牛ふん堆肥を施用し、堆肥の窒素無機化量と作物収量との関係を調査した。夏作デントコーンまたはキャベツでは、地力窒素が高く堆肥の窒素無機化量と収量との間には明かな傾向はみられなかった。しかし、冬作ホウレンソウでは、堆肥の窒素無機化量とホウレンソウ収量との相関は高かった。そのため、化成肥料のかなりの窒素量を堆肥で代替できる可能性がうかがえた。しかし、堆肥を化成肥料の一部として代替する場合、堆肥の窒素無機化量が施用全窒素量の20%程度にとどめるべきと思われた。跡地土壌の化学性は堆肥施用量が増大するにつれ、pHは上昇し、全炭素、全窒素、その他塩基類の含量も増加した。その傾向は牛ふん堆肥が豚ぷん堆肥より著しかった。土壌溶液中の硝酸態窒素、電気伝導度、カルシウム、マグネシウムは夏作、冬作とも堆肥施用により低下し、かなりの量の全窒素が流亡または作土の下に移動していた。
索引語窒素;施用;無機化;収量;土壌;作物;ホウレンソウ;有機物施用;動態;生育
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat