九州北部におけるコムギ粉の色相の年次間変動とその要因

九州北部におけるコムギ粉の色相の年次間変動とその要因

レコードナンバー682272論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名佐藤 大和
内村 要介
尾形 武文
ほか2名
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ72巻・ 4号, p.409-417(2003-12)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (925KB) 
抄録粉の色相が安定して優れる高品質コムギの生産技術を確立するために、粉の色相の年次間変動の実態を明らかにするとともに、粉の色相の変動要因を子実の容積重、製粉特性および登熟期における降水量との関係から解析した。粉の色相は容積重、最高粘度、タンパク質含有率および登熟後期(成熟期前1-15日)の降水量との間に有意な相関関係が認められ、容積重が重く、最高粘度が高く、タンパク質含有率が低く、登熟後期の降水量が少ないほど優れた。なかでも容積重は粉の色相との相関係数が最も大きく、粉の色相を簡便に評価できることが示唆された。また、容積重は登熟後期の降水量との間に負の相関関係が認められ、雨濡れ程度を示す指標となることが判明した。さらに、重回帰分析によって解析した結果、粉の色相は成熟期前3-6日の降雨によって最も大きな影響を受けた。以上の結果から、安定した粉の色相のコムギ粉を生産するためには、登熟後期の耐雨性の向上が重要であることが示唆され、登熟後期の雨濡れによる品質低下の小さい品種の選定、成熟期前3-6日の積算降水量の少ない5月中に収穫が可能な早生コムギ品種の作期前進化技術が有効であると考えられた。
索引語粉;登熟;コムギ;変動;年次;要因;生産;技術;タンパク質;濡れ
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat