操作性を考慮した引き違い窓の検討(第1報)

操作性を考慮した引き違い窓の検討(第1報)

レコードナンバー682400論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010775NACSIS書誌IDAN10102048
論文副題開閉操作力の実態調査
著者名平間 昭光
澤田 哲則
朝倉 靖弘
ほか2名
書誌名林産試験場報
別誌名Journal of the Hokkaido Forest Products Research Institute
発行元北海道立林産試験場
巻号,ページ17巻・ 6号, p.1-6(2003-11)ISSN0913140X
全文表示PDFファイル (339KB) 
抄録高気密・高断熱住宅に導入されている窓の開閉操作力の実態を調査することを目的に、旭川市内の一戸建て住宅において引き違い窓と外開き窓の開閉操作力測定を行い、以下の結果を得た。1)引き違い窓では、開き操作時に、閉力に比べて大きな力が必要となるが(-es、P=0.0002)、開力と閉力の間に相関関係は認められなかった(R(2)=0.196)。2)引き違い窓では、開閉操作力と障子重量の間に相関関係が認められなかった。3)外開き窓では、開力と閉力の間に有意な相関関係が認められたが(R(2)=0.759)、操作力の大きさに有意な差は認められなかった(-es、P>0.05)。4)外開き窓では、開閉操作力と障子重量の間に相関関係が認められなかった。
索引語実態;調査;測定;大きさ;窓;操作;開閉;違い;開き;間
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat