サクラマスのスモルトサイズと関連した海洋生活期の生残および成長

サクラマスのスモルトサイズと関連した海洋生活期の生残および成長

レコードナンバー682438論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名下田 和孝
内藤 一明
中島 美由紀
佐々木 義隆
三坂 尚行
今田 和史
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ69巻・ 6号, p.926-932(2003-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (614KB) 
抄録個体標識したサクラマスのスモルトを北海道南部の海域に放流し、漁獲による回収結果をもとに放流時のスモルトサイズと回収率および瞬間成長係数との関係を求めた。回収率はスモルトサイズと正の相関を示し、大型のスモルトほど生残率が高いことが示された。一方、スモルトサイズは瞬間成長係数とは負の相関を示し、大型のスモルトほど成長率が低いことが示された。これらの結果から、スモルトサイズの大型化は回帰率の向上には寄与するものの、漁獲サイズの大型化には繋がらないと考えられた。
索引語回収;サクラマス;漁獲;放流;相関;海洋;生活;個体;標識;北海道
引用文献数41
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat