日本太平洋岸の上りカツオおよび下りカツオの各部位における脂質変化

日本太平洋岸の上りカツオおよび下りカツオの各部位における脂質変化

レコードナンバー682443論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名守田 麻由子
関 陽平
後藤 直宏
藤田 孝夫
和田 俊
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ69巻・ 6号, p.960-967(2003-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (552KB) 
抄録上りカツオおよび下りカツオの腹肉、背肉、血合肉、皮、心房、心室、動脈球、肝臓、腸管、幽門垂、眼窩の脂質を分析し、質的、量的変化を明らかにした。結果、上りカツオと比較して下りカツオではトリグリセリド(G)含量が増加した。特に、背肉、血合肉、心房、幽門垂、腸管で変化が大きく、これら部位のGは、上りカツオではエネルギーとして使用されたものと考えられた。一方眼窩脂質では、これらカツオの間で質的、量的変化は認められなかった。また下りカツオは上りカツオに比べ相対的なDHA含有量の低下が認められた。
索引語カツオ;脂質;血合肉;腸;日本;太平洋;皮;動脈;トリグリセリド;エネルギー
引用文献数18
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat