アコヤガイ貝肉アルカリプロテアーゼ分解物の降圧効果とアンジオテンシンI変換酵素阻害ペプチドの単離・同定

アコヤガイ貝肉アルカリプロテアーゼ分解物の降圧効果とアンジオテンシンI変換酵素阻害ペプチドの単離・同定

レコードナンバー682445論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名片野 静次
沖 智之
松尾 由佳
義平 邦利
奈良 安雄
三木 知博
松井 利郎
松本 清
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ69巻・ 6号, p.975-980(2003-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (497KB) 
抄録アコヤガイ貝肉タンパク質をアルカリプロテアーゼ分解し、その分解液による血圧降下作用を高血圧自然発症ラット(SHR/Izm)を用いて、投与後6時間の収縮期血圧により調べた。分解液の低分子溶出画分側からACE阻害活性の高い画分を得たので、これを逆相クロマトグラフィーに供し、ACE阻害活性の高い生理活性ペプチドを、ACE阻害ペプチド(Ala-rp)を含めて4種類分離・同定した。さらにこれらのペプチドのACE阻害への寄与率は4.5%であった。アコヤガイ貝肉の機能性食素材としての可能性を検討したので報告をする。
索引語分解;ペプチド;アコヤガイ;活性;同定;血圧;効果;酵素;単離;タンパク質
引用文献数21
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat