数種花卉における苗の成長および開花に及ぼすキトサン土壌混和処理の影響

数種花卉における苗の成長および開花に及ぼすキトサン土壌混和処理の影響

レコードナンバー682926論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名太田 勝巳
森下 進也
須田 浩平
ほか2名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ73巻・ 1号, p.66-68(2004-01)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (217KB) 
抄録8種の花卉(トレニア、エキザカム、ベゴニア、グロキシニア、ロベリア、ミムラス、カルセオラリアおよびカンパニュラ)において1.0%キトサンの土壌混和処理および水溶性無機肥料(1.0%キトサンと同量の窒素量となるよう施用)の施与を行い、栽培試験により成長量と開花について調査した。その結果、定植時(種により播種6週間後から13週間後)において、いずれの花卉においても1.0%キトサン土壌混和処理は対照区(肥料、キトサンとも無施与)および無機肥料区に比べて有意に高い成長量を示した。また、1番花開花日については、トレニア、エキザカム、ベゴニア、グロキシニア、ロベリアおよびミムラスにおいて、1.0%キトサン土壌混和処理は他の処理区に比べ、1番花の開花が有意に促進されたことが認められたが、カルセオラリアおよびカンパニュラにおいては促進効果はみられなかった。これはキトサンによるエリシター効果、土壌中微生物相の変化あるいは有機物として直接植物に吸収利用されることによると推察される。
索引語キトサン;土壌;処理;開花;種;花卉;肥料;ベゴニア;花;促進
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat