リンゴ‘ふじ'の果実内褐変と有機酸含量に及ぼす臭化メチルくん蒸処理の影響

リンゴ‘ふじ'の果実内褐変と有機酸含量に及ぼす臭化メチルくん蒸処理の影響

レコードナンバー682950論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名長内 敬明
元村 佳恵
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ2巻・ 4号, p.325-328(2003-12)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (321KB) 
抄録リンゴ‘ふじ’の臭化メチルくん蒸処理による果実内褐変の発生を調べた。その結果、臭化メチル濃度を38g・m(-3)、48g・m(-3)および58g・m(-3)と変えてくん蒸処理した後に通気し、0℃7日間と15℃10日間の密閉貯蔵を行ったところ、果心内褐変がわずかに発生し、密閉容器内の二酸化炭素濃度は臭化メチルのくん蒸処理濃度が高いほど高くなった。果実を入れた密閉容器内に21g・m(-3)の臭化メチルを注入し、15℃で10日間貯蔵したところ、すべての果実で褐変が発生した。この結果から、臭化メチルのくん蒸処理濃度にかかわらず、処理直後の通気が果実内褐変の軽減に有効であることが明らかになった。容器内の酸素濃度はやや減少したものの、二酸化炭素濃度の上昇が著しかった。滴定酸度と、リンゴ酸含量が有意に低下した。以上の結果、臭化メチルは呼吸に関わる有機酸代謝に影響を及ぼしていると考えられた。
索引語処理;濃度;果実;褐変;リンゴ;発生;有機酸;貯蔵;二酸化炭素;通気
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat