ブドウ新品種‘ダークリッジ’

ブドウ新品種‘ダークリッジ’

レコードナンバー682959論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011205NACSIS書誌IDAA11651673
著者名山田 昌彦
山根 弘康
栗原 昭夫
永田 賢嗣
吉永 勝一
平川 信之
岩波 宏
佐藤 明彦
小澤 俊治
角 利昭
平林 利郎
松本 亮司
角谷 真奈美
岸 光夫
中島 育子
書誌名果樹研究所研究報告 = Bulletin of the National Institute of Fruit Tree Science
別誌名Bulletin of the NARO Institute of Fruit Tree Science
Bull. Natl. Inst. Fruit Tree Sci
果樹研報
発行元農業技術研究機構果樹研究所
巻号,ページ2号, p.43-52(2003-03)ISSN13473549
全文表示PDFファイル (217KB) 
抄録1. ‘ダークリッジ’は果樹試験場安芸津支場(現独立行政法人農業技術研究機構果樹研究所ブドウ・カキ研究部)において,1975年に‘巨峰’に‘301-1’を交配して得た実生から選抜された四倍体の品種である。‘ブドウ安芸津9号’の系統名を付け,1983年よりブドウ第4回(寒冷地向き)系統適応性検定試験,1992年からブドウ第8回系統適応性検定試験に供試して特性の検討を行った。1998年10月に‘ダークリッジ’と命名,農林水産省育成農作物新品種‘ブドウ農林18号’として登録された。また,種苗法に基づき2001年10月に登録番号第9399号として品種登録された。2. ‘巨峰’とほぼ同時期に,またはやや早く成熟する紫黒色の大粒ブドウであり,‘巨峰’より着色が優れている。13試験研究機関における果皮色の平均カラーチャート値は‘巨峰’が8.6であるのに対し,‘ダークリッジ’は10.0であった。果粒重は‘巨峰’より2g程度小さく,育成地では12g程度であった。果肉特性は,‘巨峰’と同様,崩壊性と塊状の中間であるが,‘巨峰’よりやや硬い。糖度は高く20%程度,酸含量は低く0.6g/100ml前後である。‘巨峰’より,やや脱粒しにくい。渋みは無い。香気はフォクシー香を呈する。‘巨峰’よりややはく皮がしにくい。裂果性は非常に小さい。3. 樹勢は‘巨峰’と同様強い。花振い性は‘巨峰’と同等またはやや少ない。耐病性は強く,‘巨峰’を対象とした防除を行えば,特に目立つ病害の発生は認められない。‘巨峰’に準じた栽培管理を行うのが良い。4. 東北地方北部および北海道では‘キャンベルアーリー’より耐寒性が劣り,一般に適応しない。
索引語ブドウ;性;研究;系統;登録;新品種;品種;特性;育成;行政
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat