新規な植物免疫活性化物質であるピラゾールカルボン酸誘導体により誘導されるイネいもち病抵抗性

新規な植物免疫活性化物質であるピラゾールカルボン酸誘導体により誘導されるイネいもち病抵抗性

レコードナンバー682991論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名西岡 正憲
仲下 英雄
鈴木 博之
ほか3名
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ28巻・ 4号, p.416-421(2003-11)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (709KB) 
抄録ピラゾールカルボン酸誘導体の数化合物が土壌潅注処理によりイネいもち病に対して高い発病抑制効果を示した。これら誘導体のうち、特に3-クロロ-1-メチルピラゾール-5-カルボン酸(CMPA)、3-ブロモ-1-メチルピラゾール-5-カルボン酸および3-クロロ-1-メチルピラゾール-5-カルボン酸メチルが高活性を有し、そのレベルは0.05mg/ポットにおいてアシベンゾラル-S-メチルまたはプロベナゾール以上であった。ピラゾール3位メチル基置換体および4位カルボキシル基置換体はそれらに次ぐ活性を示した。ピラゾール5位にホルミル基、アセチル基などのカルボン酸以外の官能基を導入した化合物については低活性であった。CMPAのin viro活性については菌糸生育に対しては1000ppmで、分生胞子発芽対しては100ppmにおいても十分な阻害活性は認められなかった。また、セロファン膜上における付着器形成阻害活性についても同様であった。さらに100ppm処理において菌糸の色素変化あるいは付着器のメラニン化阻害は認められなかった。以上の結果より、CMPAのいもち病予防効果は直接的抗菌活性よりむしろ抵抗性誘導等による間接的作用による可能性が示唆された。
索引語活性;カルボン酸;いもち病;酸;イネ;抵抗性;化合物;処理;効果;菌糸
引用文献数24
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat