イオントラップ型GC/MS/MSによる農産物中低濃度レベルの残留農薬測定

イオントラップ型GC/MS/MSによる農産物中低濃度レベルの残留農薬測定

レコードナンバー683027論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名井上 智子
佐々木 さおり
内川 誠二
ほか3名
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ44巻・ 6号, p.310-315(2003-12)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (724KB) 
抄録食品中のきょう雑物のためGC分析が困難な冷凍枝豆、とうもろこし、ほうれんそう、紅茶、ウーロン茶または緑茶を前処理した試験溶液に有機リン系農薬のクロルピリホスおよび有機塩素系農薬のα-BHC、β-BHC、γ-BHC、δ-BHC、p、p'-DDD、p、p'-DDE、o、p'-DD、p、p'-DD、アルドリンおよびディルドリンを0.01-0.125μg/mL、エンドリンを0.02-0.25μg/mL添加し、イオントラップ型GC/MS/MSで測定した。その結果、GC/MSのスキャン法やSIM法では食品マトリックスの影響によって正確に定性、定量できなかった上記農薬をいずれも高感度に測定することができた。また、各食品試験溶液にエンドリンが0.02μg/mL、それ以外の農薬が0.01μg/mLになるように添加したところ、61.2-138.3%が回収された。これらの結果から、GC/MS/MSは、食品マトリックスの妨害のためGC/MSでは検出が困難な低濃度の農薬の定性および定量に適していることが明らかになった。
索引語農薬;食品;リン;測定;イオン;濃度;農産物;残留;分析;冷凍
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat