水分含量および尿素液の添加水準の違いがイネホールクロップサイレージの発酵品質に及ぼす影響

水分含量および尿素液の添加水準の違いがイネホールクロップサイレージの発酵品質に及ぼす影響

レコードナンバー683116論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011336NACSIS書誌IDAA11644791
著者名斉藤 健一
米本 貞夫
書誌名千葉県畜産総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Chiba Prefectural Livestock Research Center
別誌名千葉畜セ研報
発行元千葉県畜産総合研究センター
巻号,ページ3号, p.45-50(2003-11)ISSN13469746
全文表示PDFファイル (578KB) 
抄録イネの水分含量と尿素液の添加水準の違いが、イネホールクロップサイレージの発酵品質に及ぼす影響について検討を行った。その結果、イネ水分含量を53%以下に低下させることで、酪酸含量が0.03%以下に低下し、良質のイネホールクロップサイレージとなった。一方、33%尿素液を原物重量当り2%以上添加することで、酪酸含量を無添加の場合と比べ半減させることができるが、酪酸発酵を完全に抑制することはできなかった。また、33%尿素液を原物あたり1.2%まで添加した場合、サイレージ中の粗タンパク質含量は増加し、細胞壁構成成分である、粗繊維、中性デタージェント繊維および酸性デタージェント繊維含量は尿素液の添加水準が増加するに従い低くなる傾向にあった。
索引語尿素;添加;水分;水準;発酵;繊維;品質;イネ;サイレージ;タンパク質
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat