木材由来微生物による牛糞の分解

木材由来微生物による牛糞の分解

レコードナンバー683256論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012062NACSIS書誌IDAN00224774
著者名森田 洋
宮野 麻紀子
馬見塚 香織
ほか2名
書誌名防菌防黴 = Journal of antibacterial and antifungal agents
別誌名Bokin-bobai-shi
Bokin bobai
防菌防黴
J.Antibact.Antifung.Agents
日本防菌防黴学会誌
発行元防菌防黴研究会
巻号,ページ32巻・ 1号, p.5-11(2004-01)ISSN03855201
全文表示PDFファイル (847KB) 
抄録木材由来の微生物群を用いて、牛糞の消滅分解処理を試みた。スギ、クヌギ、カキ、マツ、ヒノキ、サクラ、シイ由来微生物群の中で、スギ由来の微生物群が最も牛糞を消滅分解していた。スギは平均径2.7mmのチップ状にした後、35℃で1ヵ月間熟成させたものが、最も効率良く牛糞を分解し、31容ビーカースケールでは、牛糞投入量の3-4倍量の水を加え、熟成スギチップ投入量の1/5量の牛糞を投入することで、最も高い牛糞分解効率が得られた。これらの結果をもとに、ドラムの内容積3301の牛糞消滅装置を開発して牛糞の処理を試みたところ、約12.6kg/dayの速度で牛糞を消滅分解できることが明らかとなった。
索引語分解;微生物;スギ;投入;木材;処理;チップ;熟成;カキ;ヒノキ
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat