バナナ追熟過程のポリフェノール成分の変化

バナナ追熟過程のポリフェノール成分の変化

レコードナンバー683850論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名村 清司
谷村 和八郎
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ29巻・ 6号, p.347-351(2003-12)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (835KB) 
抄録追熟前の緑熟果のバナナ果肉には103mg/100gのポリフェノール成分が含まれ、その約60%は分子量2×10(5)以上のポリフェノール成分であり、その分子量2×10(5)以上のポリフェノール成分が渋味成分であることが確認された。この渋味を呈するきわめて高分子のポリフェノール成分は、塩酸での加水分解によりシアニジン、デルフィニジン、カテキンなどを生成し、ロイコアントシアニジンやカテキンからなるプロアントシニジンであることが知られた。また、追熟過程におけるポリフェノール成分の変化を限外濾過法およびイオン排除クロマトグラフィーで分画して調べた結果、渋味を呈する分子量2×10(5)以上のポリフェノール成分は追熟過程で消失したが、分子量2×10(5)以下のポリフェノール成分は追熟過程での変化がみられず、追熟による渋味の消失は、渋味成分である分子量2×10(5)以上のポリフェノール成分の重合による不溶化に起因することが示唆された。
索引語成分;ポリフェノール;追熟;バナナ;高分子;塩酸;加水分解;濾過;イオン;クロマトグラフィー
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat