在来軸組構法用接合金物を用いた柱-横架材接合部の引張・せん断実験

在来軸組構法用接合金物を用いた柱-横架材接合部の引張・せん断実験

レコードナンバー683993論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007981NACSIS書誌IDAN00240329
著者名坂田 弘安
笠井 和彦
米華 さとみ
書誌名木材学会誌
別誌名Journal of the Japan Wood Research Society
発行元日本木材学会
巻号,ページ50巻・ 1号, p.43-51(2004-01)ISSN00214795
全文表示
抄録形かど金物、L形かど金物、山形プレート、形かど金物と同等の内使いプレート、引き寄せ金物の5種類の金物を、短ほぞと併用した杉と米栂の接合部の試験体に対して、引張及びせん断実験を行った。引張実験に関しては、既往の報告の確認となったが、せん断実験に関しては、以下の結論が得られた。引張力を負担することを意図している接合金物を、短ほぞと併用した接合部にせん断力のみを作用させた場合、その許容耐力と比較して十分な性能を発揮した。形かど金物と同等の内使いプレートについては、包絡線をバイリニアに置換して求めた終局耐力Fuで比較すると、せん断耐力が引張耐力の1.6倍程度の値を示したが、引張に対する初期剛性は、他の試験体に比べ著しく低かった。このように、初期挙動および破壊形状には大きな差があり、これらの性状をよく理解して接合金物を選択する必要がある。
索引語接合;せん断;性能;破壊;形状;性状;金物;引張;実験;かど
引用文献数10
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat