亜高山帯植生のハビタット分割様式の地理的変化

亜高山帯植生のハビタット分割様式の地理的変化

レコードナンバー684023論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015063NACSIS書誌IDAN00193852
著者名丸岡 英生
吉田 圭一郎
岡 秀一
書誌名日本生態學會誌
別誌名日生態会誌
Jpn. j. ecol
Japanese journal of ecology
日本生態学会誌
発行元日本生態学会暫定事務局
巻号,ページ53巻・ 2号, p.107-116(2003-08)ISSN00215007
全文表示
抄録1.日本列島の日高山脈と赤石山脈を対象にして、亜高山帯植生のハビタット分割様式の地理的な差異を明らかにした。2.両山脈の亜高山帯領域をWIで比較したところ、赤石山脈の亜高山帯植生はより狭い温度領域に成立しており、また、標高の傾度に対するベータ多様度も赤石山脈の方が高かった。3.作成したマトリクスデータを数量化II類により解析したところ、植生の分布パターンを説明する環境要因として、日高山脈では標高が、赤石山脈では標高に加えて起伏度が重要であることが示された。4.標高と起伏度の傾度上における常緑針葉樹林、ダケカンバ林、ハイマツ林についてハビタットの重なり合いを求めた結果、両山脈ではハビタット分割様式が異なり、赤石山脈では日高山脈に比べ標高の傾度上でハビタットの重なり合いが大きく、起伏度の傾度上ではハビタットの分割が生じていることが明らかとなった。5.以上のようなハビタット分割様式の地理的な差異は、亜高山帯植生の垂直幅が狭くなることで別の環境傾度上においてハビタット分割が生じることを示しており、ハビタット分割様式の多次元化という植生分布パターンの形成プロセスを示している。
索引語植生;様式;標高;分布;温度;データ;環境要因;針葉樹;垂直;環境
引用文献数34
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat