異なるカリウム濃度条件における水耕栽培で生育させた寒地型イネ科牧草3草種の高マグネシウム品種のX線マイクロ分析結果

異なるカリウム濃度条件における水耕栽培で生育させた寒地型イネ科牧草3草種の高マグネシウム品種のX線マイクロ分析結果

レコードナンバー690116論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名雑賀 優
築城 幹典
Sabreen S.
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ49巻・ 6号, p.581-586(2004-02)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (434KB) 
抄録異なるカリウム(K)濃度の水耕栽培条件下で高マグネシウム(Mg)品種と2流通品種を栽培し、植物体地上部のミネラル密度をX線マイクロ分析で調べた。イタリアンライグラス、オーチャードグラス、トールフェスク3草種とも高Mg品種はK濃度に関係なくMgとカルシウム密度が高く、K密度が低い共通の結果が得られた。3草種とも最も高いMg密度は植物の生育に好適なK濃度5mMで認められ、1mM、25mM条件下ではMgとCaの両元素の密度とも低くなった。Mg密度はK濃度5mMの水耕栽培条件下で最も高く、しかも明瞭な品種間が見られたことから、高Mg個体はK濃度5mMの水耕栽培条件下で選抜できると考えられる。
索引語濃度;密度;条件;品種;草;種;カリウム;マグネシウム;分析;生育
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat