統合的水資源管理と農民参加型潅漑管理に関する考察

統合的水資源管理と農民参加型潅漑管理に関する考察

レコードナンバー690272論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014130NACSIS書誌IDAN0020119X
著者名山岡 和純
落井 康裕
真勢 徹
書誌名農業土木学会誌 = Journal of the Agricultural Engineering Society, Japan
別誌名Journal of the Japanese Society of Irrigation Drainage and Reclamation Engineering
農業土木学会誌
水土の知 : 農業土木学会誌
発行元農業土木学会
巻号,ページ72巻・ 3号, p.217-221(2004-03)ISSN03695123
全文表示
抄録これまで、包括的な需要調整型の水資源管理を目指す統合的水資源管理(IWRM=Inegraed Waer Resources Managemen)は、農民参加型灌漑管理(PIM;Paricipaory Irrigaion Managemen)とは別の概念、問題として扱われてきた。湿潤地域を代表するモンスーン・アジアでは、通常はきわめて低い水の希少性が著しく高まる異常な渇水時に、水の配分と労力の賦課を適切かつ円滑に実施することが、今も音も水資源管理の最重要課題のひとつである。近代以前から各地で、灌漑利水者間の調整を担ってきた「アジア風土調和型伝統的PIM」は、今後これらの地域で求められる他部門の利水者を加えたIWPMのひとつの基本形となり得ることを提示する。
索引語管理;水資源;水;農民;調整;地域;アジア;需要;湿潤;性
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat