リンゴ‘王林'における果実の受光量と果実温度およびソルビトール,早期みつ症状との関係

リンゴ‘王林'における果実の受光量と果実温度およびソルビトール,早期みつ症状との関係

レコードナンバー690573論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名山田 寿
板野 阿貴子
天野 勝司
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ3巻・ 1号, p.91-95(2004-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (346KB) 
抄録リンゴ‘王林’の高温誘導早期みつ症状の発生に及ぼす果実に対する日射量の影響を検討するため、簡易積算日射量測定システム(オプトリーフ)を使用した。オプトリーフは30℃以上の高温条件下でも正確な積算日射量の測定が可能であった。Rタイプではいずれの方位の日射量とも平均果実温度と極めて高い有意な相関を示した。3回の実験データをひとまとめにして解析した場合にも、各方位の平均相対日射量は平均果実温度や最高果実温度と1%レベルで有意な相関が認められた。果実の日射量はみつの発生程度や果肉硬度、果糖、ブドウ糖、ソルビトール、全糖などの果実形質とも有意な相関が認められた。また、みつの発生程度は果実温度や果肉硬度、ソルビトールとの間に正の相関が見られ、特にソルビトールとの相関が強かった。以上の結果から、日射によって果実温度が高まることにより、果実内にソルビトールが蓄積し、‘王林’果実に早期みつ症状を発生させることが示唆された。
索引語果実;日射;温度;相関;発生;症状;リンゴ;高温;測定;硬度
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat