ウシエビの抗菌タンパクPenaeidinの分子クローニングと組換え体の発現

ウシエビの抗菌タンパクPenaeidinの分子クローニングと組換え体の発現

レコードナンバー690807論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名Ho S.H.
Chao Y.C.
Tsao H.W.
ほか3名
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ39巻・ 1号, p.15-23(2004-03)ISSN0388788X
全文表示
抄録ウシエビの抗菌タンパク(Penaeidin)のcDNAは、分子量6.9kDaの74アミノ酸残基をコードしていた。ノーザンブロットにより、このタンパクは主に血球で合成されていると考えられた。バキュロウイルス発現系による組換え体は細菌Aerococcus viridansに対する抗菌性を示したが、細菌Vibrio alginolyicus、Vibrio harveyiiと酵母Debaryomyces hanseniiには示さなかった。また、糸状菌Neurospora crassaの胞子発芽と繁殖を遅らせた。
索引語ウシ;発現;細菌;分子;アミノ酸;血球;抗菌性;酵母;糸状菌;胞子
引用文献数27
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat