イグサ田における蒸発散量の季節変化

イグサ田における蒸発散量の季節変化

レコードナンバー690861論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015066NACSIS書誌IDAN00200732
著者名丸山 篤志
大場 和彦
黒瀬 義孝
ほか1名
書誌名農業氣象
別誌名J. Agric. Meteorol
Journal of agricultural meteorology
農業気象
Journal of the agricultural meteorology
発行元養賢堂
巻号,ページ60巻・ 1号, p.1-15(2004-03)ISSN00218588
全文表示PDFファイル (1163KB) 
抄録八代平野のイグサ田(32°33.9’N、130°38.4’E、標高1m)において、1999-2000年(2000年期)と2000-2001年(2001年期)の移植期(12月)から収穫期(7月)まで熱収支ボーエン比法により蒸発散量を測定した。蒸発散量(E)の季節変化は、移植期から収穫期にかけて気温と日射量の増加にともない増加する傾向を示した。生育期間中のEの平均値は2000年期、2001年期でそれぞれ2.02、2.16mm day-1で、積算値はそれぞれ491、499mmであった。イグサ田の蒸発散量について、他の植生に対する相対的な値と有効な推定方法を検討するため、Eの日平均値を基準蒸発散量Eoおよびポテンシャル蒸発量Epと比較した。E/Eoの季節変化は0.46から1.00へとイグサの生育にともない増加する傾向を示した。同様にE/Epの季節変化も0.42から0.84へと増加する傾向を示した。この結果をもとに、E/EoとE/Epをイグサの植物面積指数(PAI)の関数で表すことができた。この関数を用いて推定した蒸発散量のRMSEは推定の時間スケールによって異なり、1日平均の場合で0.5mm day-1、5日平均の場合で0.2mm day-1、10日平均の場合で0.1mm day-1であった。また、E/EoとE/EpはPAI以外にも、イグサの蒸散量の変化を通じて土壌水分、風速および飽差の影響を受けたと推察された。しかしながら、これらの環境要因のみから2000年期と2001年期との間にみられたE/EoおよびE/Epの値の違いを説明することは困難であった。2000年期と2001年期ではイグサの茎色が大きく異なっていたことから、イグサの生理的活性の違いがE/EoとE/Epの値に影響を与えたことが示唆された。
索引語イグサ;蒸発散;季節変化;推定;移植;収穫期;関数;標高;熱収支;気温
引用文献数29
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat