環境マネジメントの特徴が「企業の環境化」に及ぼす影響について

環境マネジメントの特徴が「企業の環境化」に及ぼす影響について

レコードナンバー690903論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008899NACSIS書誌IDAN00046279
論文副題日本の大規模製造業における分析
著者名高橋 卓也
中村 政男
書誌名環境情報科学 = Environmental information science
発行元環境情報科学センター
巻号,ページ33巻・ 1号, p.52-61(2004-03)ISSN03896633
全文表示
抄録質的比較分析手法を用いて,企業の環境マネジメントの組織的特徴が日本の大規模製造業企業の環境化に及ぼす影響を探った。組織的特徴として,官僚制化の3つの要素(公式化,集権化,専門化)をとりあげ独立変数とした。企業の環境化の指標として,環境対応の企業経営への統合の程度,新技術の導入,企業文化の変容などをとりあげ従属変数とした。変数は,対象とした企業193社に対するアンケート調査から求められた。分析の結果,一般に官僚制化は企業の環境化と正の相関を有することが明らかになった。また,官僚制化の3要素のすべてを具備しなくとも,環境化の進展が認められることも判明した。
索引語環境;企業;分析;日本;指標;経営;技術;導入;文化;属
引用文献数27
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat