チェーンソー保護衣の衣服内気候

チェーンソー保護衣の衣服内気候

レコードナンバー691208論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00019557NACSIS書誌IDAN10531146
著者名今冨 裕樹
鹿島 潤
書誌名森林利用学会誌
別誌名Journal of the Japan Forest Engineering Society
発行元森林利用学会
巻号,ページ19巻・ 1号, p.3-12(2004-04)ISSN13423134
全文表示
抄録本研究は温熱環境の視点から、生理的快適性に富むチェーンソー保護衣開発のための基礎資料を得ることを目的として、市販されている3種類のチェーンソー保護衣の衣服内気候を調べた。ズボンタイプの保護衣の着用は、冬季では、温冷感尺度は「やや暖かい」、快適感尺度は「快適」、春季では温冷感尺度は「暖かい」、快適感尺度は「不快」、夏季では温冷感尺度で「暑い」?「非常に暑い」、快適感尺度は「非常に不快」に区分された。したがってわが国においてズボンタイプの保護衣の着用は冬季では適するが、それ以外の季節では温熱環境の視点から適用しにくいものと考えられた。チャプスタイプの保護衣の着用は、冬季ではズボンタイプの保護衣と比べて暖かさは劣るが、未着用に比べるとかなり暖かさが確保されること、春季では衣服内湿度が比較的低いためにさほど蒸れも感じられないこと、夏季では暑さや蒸れが感じられることがわかった。夏季では時折、留め具を緩めて保護以内の換気を良くすることにより、暑さや蒸れによる不快感を緩和させることができるものと思われた。なお、保護以内の温度上昇に伴う生体負担の変化を調べた結果、着用保護衣の違いから生じる温熱環境と生体負担との間に明確な関係を見出すことはできなかった。
索引語衣服;環境;気候;生体;研究;快適性;開発;季節;湿度;換気
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat