降海期サクラマス幼魚によるサケ稚魚の捕食試験

降海期サクラマス幼魚によるサケ稚魚の捕食試験

レコードナンバー691248論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013149NACSIS書誌IDAN10245657
著者名田子 泰彦
書誌名富山県水産試験場研究報告 = Bulletin of Toyama Prefectural Fisheries Experiment Station
別誌名富山水試研報
Bull. Toyama Pre. Fish. Exp. Stn.
Bulletin of Toyama Prefectural Fisheries Research Institute
Bull. Toyama Pre. Fish. Res. Inst.
発行元富山県水産試験場
巻号,ページ15号, p.1-10(2004-03)ISSN09156542
全文表示PDFファイル (1015KB) 
抄録降海期におけるサクラマス幼魚によるサケ稚魚の補食実態を明らかにするために、1995年と1996年の3月に飼育池において補食試験を行った。サクラマス幼魚によるサケ稚魚の補食率と平均補食尾数は、1995年ではパーが45.1%と1.1尾、スモルトが29.2%と0.4尾、1996年ではパーが60.0%と1.1尾、スモルトが50.0%と1.0尾であった。サケ稚魚を補食していたサクラマス幼魚の尾叉長範囲は11.8-17.1cmであった。1995年では大型のパーほど1個体当たりが補食したサケ稚魚の個体数が多い傾向が認められた。また、1996年ではパー、スモルトともにサクラマス幼魚の尾叉長が大きいほど補食したサケ稚魚のサイズが大きい傾向が認められた。降海時期ではパーは放流地点付近に滞留する傾向が強いことから、サクラマス幼魚とサケ稚魚を同時に増殖している河川では、サクラマス幼魚の補食によるサケ稚魚の減耗を抑制するために、サクラマス幼魚の0(+)秋放流や1(+)スモルト放流の放流地点はサケ稚魚より上流に設定すべきと考えられた。
索引語サケ;サクラマス;放流;尾;捕食;実態;飼育;池;個体;時期
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat