トマトの養液土耕栽培における葉柄汁液中硝酸イオン濃度を用いた生育診断指標の策定

トマトの養液土耕栽培における葉柄汁液中硝酸イオン濃度を用いた生育診断指標の策定

レコードナンバー691318論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名田中 哲司
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ35号, p.73-78(2003-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (890KB) 
抄録促成トマトの養液土耕栽培における効率的な肥培管理を確立するため、栄養診断の指標を策定した。1.第一果房開花期までの葉柄のサンプリング部位は成葉の葉柄を用い、葉柄汁液中硝酸イオン濃度は2000-3000mg/Lの範囲が適当である。2.第一果房開花期以降は、2-4cm大の果房直下葉の小葉を用い、葉柄汁液中硝酸イオン濃度には第一果房開花期から第三果房開花期まで:2000-3000mg/L、第三果房開花期から摘心期まで:3000-4000mg/Lの範囲が適当である。
索引語果房;開花;硝酸;イオン;濃度;トマト;養液;土;栽培;診断
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat