イチゴのワタアブラムシ防除におけるコレマンアブラバチの放飼時期

イチゴのワタアブラムシ防除におけるコレマンアブラバチの放飼時期

レコードナンバー691409論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20007678NACSIS書誌IDAA11691179
著者名澤村 信生
板垣 紀夫
奈良井 祐隆
書誌名近畿中国四国農業研究 = Kinki Chugoku Shikoku agricultural research
発行元近畿中国四国農業研究協議会
巻号,ページ4号, p.13-17(2004-03)ISSN13476238
全文表示
抄録施設栽培イチゴにおいて、ワタアブラムシに対するコレマンアブラバチ( Aphidius colemani Viereck)の放飼時期について検討した。なお、1株当たり任意の3複葉についてワタアブラムシおよびマミーを計数し株率を算出した。1.10?11月にコレマンアブラバチを放飼する場合、ワタアブラムシの寄生株率が4%以下の時期に1?2回放飼すれば栽培期間中のワタアブラムシ密度を収穫果に影響のない程度に抑制できた。2.コレマンアブラバチはイチゴケナガアブラムシに効果が認められなかった。
索引語ワタ;放飼;時期;イチゴ;防除;施設栽培;寄生;栽培;密度;効果
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat