水稲新品種‘佐香錦'の育成

水稲新品種‘佐香錦'の育成

レコードナンバー691503論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004962NACSIS書誌IDAN00107759
著者名高橋 眞二
山本 朗
杉山 万里
ほか12名
書誌名島根県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Shimane Agricultural Experiment Station
発行元島根県農業試験場
巻号,ページ35号, p.1-20(2004-03)ISSN0388905X
全文表示PDFファイル (1176KB) 
抄録島根県中山間地域を対象とし、良質で、酒造適性が高く、栽培安定性の優れた酒造好適米の開発に取り組み、新品種‘佐香錦’を育成した。1.‘佐香錦’は、1985年‘改良八反流’を母本に‘金紋錦’を父本として交配し、その後代から育成した粳種である。F10世代で‘島系酒49号’の系統名を付し、F15世代で奨励品種に採用された。2.本品種の育種法には集団育種法を適用した。3.新品種‘佐香錦’の特性は次のとおりである。出穂期は‘五百万石’より5日、成熟期は8日遅く、島根県では極早生に属する。やや長稈、偏穂重型で、草姿及び熟色は良好で、無芒、脱粒性はやや難である。収量性は‘五百万石’並みかやや高い。いもち病抵抗性はやや弱で、白葉枯病抵抗性は中である。耐冷性はやや弱である。玄米外観品質は‘五百万石’並みで、良質である。酒造適性は‘五百万石’‘神の舞’‘改良雄町’を上回り、‘改良八反流’に近い性質を持つことが認められた。酒の官能評価は、搗精歩合45%までなら、‘山田錦’と同程度で良好である。4.本品種は、島根県中山間地域の標高300m以下の地帯で、地力中庸地の早植栽培に適応する。5.栽培にあたって、耐冷性が劣るため極端な早植えを避け、倒伏の発生を防ぐため極端な多肥栽培は行わない。穂発芽の発生を防止するため適期収穫に努める。いもち病の基幹防除の徹底を図るとともに、白葉枯病常発地での栽培は避ける。
索引語栽培;新品種;育成;島根県;改良;中山間;地域;適性;F1;種
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat