家畜ふん堆肥の品質因子に関する研究(1)

家畜ふん堆肥の品質因子に関する研究(1)

レコードナンバー691630論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010689NACSIS書誌IDAN10193076
論文副題家畜ふん堆肥品質評価基準の策定
著者名脇坂 浩
阿部 正夫
杉本 俊昭
ほか1名
書誌名栃木県畜産試験場研究報告
別誌名研究報告
Bulletin of the Tochigi Prefectural Livestock Experiment Station
Bull.Tochigi Anim.Hus.Expe.sta
栃畜試研報
発行元栃木県畜産試験場
巻号,ページ19号, p.16-29(2003-12)ISSN02889536
全文表示PDFファイル (925KB) 
抄録他県12地域での堆肥共励会先進事例などを参照しながら評価基準の試案を策定し、それに基づく評価と改訂を重ね、同時にその基礎資料とするための堆肥化過程における各種品質の推移調査、各種評価法の検証作業を行った。品質推移調査は、調整牛ふんを10日毎に切り返し、成分・品質を分析した。その結果、ほとんどの測定項目で一定の傾向が現れ、堆肥化に伴う品質の変化の様子が明らかになった。今回は90日目に、乾物の40%、有機物の50%が分解し、完熟と規定できた。評価法の実証については、生物的評価法である「ミミズ評価法」と「発芽試験」について検証した。ミミズ評価法については客観的に堆肥の品質を査定するものかどうか判然としない部分があるため採用見送り、発芽試験は腐熟度に比例しかつおが屑のみでは発芽率の悪かった60℃温湯による抽出法を採用した。それらの結果から品質評価基準を策定し、県堆肥共励会の審査基準に応用している。さらに、評価結果を堆肥の利用促進に活用するために、品質評価に関する手引き書を作成した。
索引語評価;品質;基準;発芽;家畜;堆肥化;調査;因子;研究;地域
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat