ウワバミソウの栽培特性について

ウワバミソウの栽培特性について

レコードナンバー691667論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020665NACSIS書誌IDAA11278150
著者名松本 則行
書誌名新潟県森林研究所研究報告 = Bulletin of Niigata Prefectural Forest Research Institute
別誌名研究報告
発行元新潟県森林研究所
巻号,ページ45号, p.37-41(2004-03)ISSN13438999
全文表示PDFファイル (492KB) 
抄録相対照度8%以下のスギ林内でのウワバミソウの成育は不良であったが、相対照度が約20%の畑では、自生地に比べ草丈は小さくなるものの、成育は良好であった。また、栽培する系統によって収量が左右され、より良い系統を選ぶことが重要で、当所発見した茎に赤みを帯びない緑茎系は栽培に適している系統と考えられた。
索引語栽培;系統;照度;茎;特性;スギ;畑;自生;草;収量
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat