ポスト化石を拓くバイオマス利活用の動向と将来展望

ポスト化石を拓くバイオマス利活用の動向と将来展望

レコードナンバー691685論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007680NACSIS書誌IDAN00379067
論文副題バイオ燃料の税制優遇措置を求めて
著者名坂 志朗
書誌名木材工業 = Wood industry
発行元日本木材加工技術協会
巻号,ページ59巻・ 5号, p.200-205(2004-05)ISSN00268917
全文表示PDFファイル (809KB) 
抄録化石燃料の多用による地球の温暖化問題はエネルギー・環境問題と密接に関連し、人類の存続をも脅かしつつある。この人類最大の難題に対し、循環型で再生可能なバイオマス資源が注目されている。そこで本稿では、ポスト化石を拓くバイオマスの利活用に関し、マテリアル利用とエネルギー利用の視点からその動向と将来展望について述べ、バイオ燃料に対する税制優遇措置が重要であることを主張している。
索引語化石;バイオマス;燃料;動向;エネルギー;利用;地球;環境;循環;再生
引用文献数22
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat