淀川水系に生息する淡水性カメ類の疾病

淀川水系に生息する淡水性カメ類の疾病

レコードナンバー691757論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009763NACSIS書誌IDAA11830967
著者名石塚 譲
大谷 新太郎
森 達摩
ほか3名
書誌名大阪府立食とみどりの総合技術センター研究報告 = Bulletin of Agricultural, Food and Environmental Sciences Research Center of Osaka Prefecture
別誌名Bull. Agr. Food Env. Res. Ctr. Osaka
大阪食とみどり技セ研報
大阪府立食とみどりの総合技術センター研究報告
発行元大阪府立食とみどりの総合技術センター
巻号,ページ39号, p.24-27(2003-03)ISSN13484397
全文表示PDFファイル (649KB) 
抄録1999年冬期~2000年春期にかけて淀川水系において,カメの運動障害,衰弱および死亡といった症状がみられるとの報告があった。同じ頃,魚類でも類似の症状がみられた.そこで,水質の異常を懸念して,カメの調査を行った.カメには皮膚疾患および眼瞼腫脹がみられた.血液生化学検査に異常はみられなかった.この症状は他のカメに感染することはなかった.症状は抗生物質および複合ビタミン投与で治まった.さらに,冬眠障害の可能性を考えて,時期を変えて9匹のカメを採取した.これらのカメは一般症状および血液生化学検査で異常はみられなかった.以上のことから,カメ疾病の原因は,なんらかの理由で冬眠より目覚めたカメが気温の変化に順応できず細菌による二次感染を起こした可能性が最も高いと考えられた.
索引語症状;異常;疾病;障害;血液;生化学;検査;感染;淡水;性
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat