殺虫剤抵抗性イエバエ系統のクロルフェナピルに対する軽度の交差抵抗性

殺虫剤抵抗性イエバエ系統のクロルフェナピルに対する軽度の交差抵抗性

レコードナンバー691882論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名Scott J.G.
Leichter C.A.
Rinkevich F.D.
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ29巻・ 2号, p.124-126(2004-05)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (291KB) 
抄録累代飼育した、酸化を含むさまざまな機構によるピレスロイド抵抗性イエバエ4系統と殺虫剤感受性イエバエ2系統、および2ヶ所で野外採集したイエバエに対するクロルフェナピルの殺虫活性を測定した。累代飼育したもののうち1系統では交差抵抗性はなく、他の1系統では2.5倍の交差抵抗性、また他の2系統では2倍の負交差抵抗性を示した。野外で採集した系統の交差抵抗性は1.2-1.6倍であった。これらの結果は、イエバエ駆除のためにクロルフェナピルを用いることは必ずしも交差抵抗性をもたらすことにはつながらず、また、高くなったモノオシキゲナーゼ活性に由来する抵抗性イエバエは、必ずしもクロルフェナピルに対して負の交差抵抗性を示さないことを示唆した。これらの結果から、P450とクロルフェナピルの活性化の関係について考察した。
索引語抵抗性;系統;殺虫剤;活性;酸化;機構;感受性;活性化;交差;イエバエ
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat