限局型と診断された豚の抗酸菌症例における病変と抗酸菌の分布調査

限局型と診断された豚の抗酸菌症例における病変と抗酸菌の分布調査

レコードナンバー692021論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名井田 富有子
盛 信博
高橋 徳行
ほか5名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ57巻・ 1号, p.49-53(2004-01)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (788KB) 
抄録豚の抗酸菌症、特に通常のと畜検査において、下顎リンパ節と空腸リンパ節にのみ乾酪壊死病変を認め、「限局型」と診断した33症例について、それらリンパ節を含む7ヵ所のリンパ節、肺および脾臓を病理組織学的および細菌学的に精査した。その結果、実際に病理組織学的および細菌学的にも「限局型」であったものは、8例(15.2%)のみであった。21例(63.6%)ではこれら消化器系リンパ節に加えて肺または気管気管支リンパ節にも組織学的に肉芽腫性病変を認めるか、菌(Mycobacerium avium)が分離された。これらの個体では、経気道感染があったかまたは血行性に呼吸器系器官にも菌が波及していた可能性が考えられた。なお、全症例とも脾臓には病変を認めず、菌も分離されなかった。また、5例において内側腸骨リンパ節または径リンパ節に同様の組織病変を認めるか菌が検出されたが、いずれも雌であったことから、性差が菌の体内分布に影響を及ぼしている可能性も考えられた。
索引語節;病変;酸;性;分布;肺;病理組織学;調査;壊死;消化器
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat