豚から分離された抗酸菌とIFN-γの診断的意義

豚から分離された抗酸菌とIFN-γの診断的意義

レコードナンバー692026論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名岩切 章
元日田敏
緒方 征男
ほか2名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ57巻・ 2号, p.117-120(2004-02)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (711KB) 
抄録日本の5箇所の食肉衛生検査所から集められた豚由来の抗酸菌69株を調べたところすべてM. aviumであった。無作為に24株を選び、9種類の諸種抗菌薬剤に対する感受性試験を行った。その結果、既報[10]の患者分離株における成績と比較して豚由来株のそれはストレプトマイシン(SM)、カナマイシン(KM)、リファンピシン(REP)、クラリスロマイシン(CAM)、およびアミカシン(AMK)に対し感性傾向が認められた。つぎに、抗原刺激によって産生されるIFN-γが抗酸菌症診断の一助となり得るかどうかを検討した。M. avium感染豚の脾細胞や心臓残血から分離したリンパ球は高いIFN-γ産生を示したが、他の細菌感染豚や健常豚の同細胞ではIFN-γ産生は認められず、同法は豚抗酸菌症の診断の一助となり得ると思われた。
索引語酸;診断;分離;産生;感染;細胞;日本;薬剤;感受性;抗原
引用文献数11
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat