モンゴル国アルシャンツ,ブルト地区の夏営地におけるヒツジ母子間の発声タイプと行動

モンゴル国アルシャンツ,ブルト地区の夏営地におけるヒツジ母子間の発声タイプと行動

レコードナンバー692055論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名苗川 博史
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ75巻・ 2号, p.241-245(2004-05)ISSN1346907X
全文表示
抄録本研究は、モンゴル遊牧体系いおける二地域の夏営地のヒツジ母子間100組を対象に、音節の組み合わせによる発声タイプと行動型を、母子間距離、母子が遭遇するまでの時間、授乳および吸乳時間との関係について検討した。音節の組み合わせによる母子間の相互作用については、子ヒツジがイニシアチブを有した8タイプと母ヒツジがイニシアチブを有した5タイプに分類された。母子ヒツジともに口の開および閉による発声の割合は、約9:1と開いた方が多く、また、母ヒツジが双方向(75%)、子ヒツジは一方向(46%)と発声なし(31%)を示す特徴があった。子ヒツジがイニシアチブを有した発声タイプ8(母子双方に発声なし)は、母子間距離と母子が遭遇するまでの時間との間に有意な正の相関が、また吸乳時間と母子間距離の間には有意な負の相関があり、母子間距離によって母子が遭遇するまでの時間、吸乳時間に関連性があることを示唆した。子ヒツジがイニシアチブを有した発声タイプ5(子ヒツジの発声/eee/と母ヒツジの応答なし)は、食草移動時に71.4%、休息行動時に28.6%出現した。この発声タイプ5は、発声タイプ2(子ヒツジの発声/eee/と母ヒツジの応答/nnn/)との間に、母子が遭遇するまでの時間および母子間距離において有意差があり、母子が遭遇するまでの時間、および母子間距離によって発声するタイプが異なることが示唆された。子ヒツジの発声タイプ8は、食草移動時に28.6%、休息行動時に71.4%出現し、食草移動時間および休息時間の割合が発声タイプ5と対称的であった。この発声タイプ8は、子ヒツジがイニシアチブを有した発声タイプ1(子ヒツジの発声/eee/と母ヒツジの応答/nnae/)、発声タイプ2(子ヒツジの発声/eee/と母ヒツジの応答/nnn/)、発声タイプ3(子ヒツジの発声/nee/と母ヒツジの応答/nnae/)との間に母子が遭遇するまでの時間および母子間距離において有意差が見られ、母子が遭遇するまでの時間、母子間距離によって発声タイプが異なることが示唆された。母ヒツジがイニシアチブを有した発声タイプlll(母ヒツジの発声/nnae/と子ヒツジの応答/nee/)は、子ヒツジがイニシアチブを有した発声タイプ8との間に、母子が遭遇するまでの時間、母子間距離において有意差が認められ、母子が遭遇するまでの時間、母子間距離によって発声のタイプが異なることを示唆した。今回の結果から、母子間距離、母子が遭遇するまでの時間、授乳および吸乳時間は、発声時における音節の組み合わせによるタイプと行動型によってそれぞれ異なることが示唆された。
索引語ヒツジ;時間;距離;行動;草;移動;相関;研究;体系;地域
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat