サンゴ礁域に放流したスジアラ人工種苗の滞留,摂餌および被食に及ぼす囲い網による環境馴致効果

サンゴ礁域に放流したスジアラ人工種苗の滞留,摂餌および被食に及ぼす囲い網による環境馴致効果

レコードナンバー692115論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名浜崎 活幸
竹内 宏行
塩澤 聡
照屋 和久
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ70巻・ 1号, p.22-30(2004-01)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (810KB) 
抄録スジアラ種苗の放流実験を2回実施した。1回目は平均全長137mmの種苗2000尾を、2回目は平均全長79mmの種苗900尾をサンゴ礁域に設置した囲い網(400m(2))に収容して7日間環境に馴致し、同数の直接放流群(平均全長、1回目:142mm、2回目:86mm)と同時に放流した。第2回放流では、台風によって調査を十分に実施できなかったが、第1回放流調査では、放流種苗の摂餌個体率、肥満度および内蔵重量指数の推移から、馴致放流群の方が環境への順応が速いと判断され、また被食頻度は低い傾向を示した。
索引語放流;種苗;環境;サンゴ礁;摂餌;網;調査;人工種苗;効果;台風
引用文献数23
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat