MS-Excelを用いた年齢組成推定手法

MS-Excelを用いた年齢組成推定手法

レコードナンバー692152論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012384NACSIS書誌IDAN10425987
著者名佐野 二郎
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ14号, p.77-86(2004-03)ISSN09192468
全文表示PDFファイル (1611KB) 
抄録1)資源回復計画策定作業で行うコホート解析に必要不可欠である正確かつ迅速簡易な年齢組成分解手法を開発することを目的として検討を行った。2)MS-ExcelアドインツールSolverを用いて年齢組成分解を行うモデルシートを作成した。3)MS-Excelモデルシートは同一ファイルにデータ入力、ヒストグラム作成のシートを組み込むことにより、作業性が飛躍的に向上した。4)MS-Excelモデルシートはこれまでのプログラムと異なり、起動にあたっての制約が少なく多くの魚種について年齢組成分解が可能であると考えられた。5)適正な正規分布分解のため、Solver起動の制約条件として、(1)求めるパラメータを0以上、(2)σ(n)≧σ(n-1)、(3)m(n+1)-m(n)≦m(n)-m(n-1)の3つが必要であると考える。6)Solverの目的関数は、標本数が多く正規分布の重なりが小さい場合を除き、Hasselblad法で用いられる尤度関数より最小2乗法系の関数の方が適正解収束の精度も高くAICも小さいことがわかった。7)実際の年齢形質で分解した正規分布とMS-Excelモデルシートで分解した正規分布は、検定の結果同一であると判断され、MS-Excelモデルシートによる年齢組成分解の信頼性は高いと考える。8)正規分布の重なりが大きい魚種について年齢組成分解を行うには、必要最小限の制約条件の他に、ayler法により求めた若齢魚のσを設定するなど、個々の魚種についてチューニングする必要があると考える。
索引語分解;年齢組成;モデル;種;関数;作業;条件;推定;資源;計画
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat