視覚刺激を付加した新しいタイプのアリモドキゾウムシ防除用フェロモン剤

視覚刺激を付加した新しいタイプのアリモドキゾウムシ防除用フェロモン剤

レコードナンバー692186論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名安田 慶次
本郷 智明
江藤 奈穂子
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ48巻・ 2号, p.87-93(2004-05)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (1552KB) 
抄録アリモドキゾウムシの誘引殺虫効果を高めた新規フェロモン剤を作製した。剤は直径2mmの珪藻土の粒子に合成性フェロモン100μgと殺虫剤MEP2mgを含浸させ、濃紺色に着色したものである。この剤は、性フェロモンによる化学的刺激に加えて、視覚刺激を有することで雄成虫を誘引すると同時に定位、交尾行動を引き起こし、従来の剤よりも長く殺虫剤に接触させることによって効率的に雄成虫を殺すことができる。また、基剤が極めて小さいため、剤の重量、容積が数千分の1に減少し、散布費用の低減を図ることができる。
索引語フェロモン;刺激;視覚;誘引;性;殺虫剤;雄;成虫;防除;効果
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat